iherbのPMS対策〜第二弾〜GABA、5-HTP、プロゲステロンクリーム、パインバーク

こんにちは。PMSにいいと聞けば蓬莱の玉の枝でも取りに行きそうなアムです。

前回、PMS対策記事の第一弾を書きました。  →  iherbのPMS対策〜第一弾〜チェストツリー、マカ、シャタバリ レビュー

今回はその続き、第二弾をお送り致します。

なお、第一弾にも書きました通り、PMSの身体的症状及び生理痛よりも、精神的症状に90%のフォーカスを置いております。

(身体的症状も諸々ありますが嫌だなと思いつつ我慢できるレベル、生理痛は期間中に鎮痛剤を1、2回飲む程度です。)

どんどんいきますよ〜!!!

Now Foods, GABA, 500 mg

ストレス社会で働くあなたにGABA。Now Foods, GABA, 500 mgです。

1カプセルで500mgのGABAが摂取できます。某チョコレートは100gあたり280mgの含有量とのことなので、やっぱりサプリって最高です。

sponsored link

GABAはPMSの心の乱れを穏やかにしてくれる。

飲むとなんだか穏やかな気持ちになり、日頃の心の荒ぶりが総じて70%くらいまで抑えられる感じで、そのためほんの小さい苛立ちなどは感じなくなります。

PMS期になるとやはりそれなりにイラつくのですが、だいぶマシでした。PMSに効く!というよりも、上司や満員電車でイラッとするなどのちょっとした乱れが減ったため、蓄積ストレスが少なく、それが生理にも良かったように思います。

総合的には良かったんですが、もともと生理前以外はあまり苛立たないタイプなので、PMSにフォーカスした強いクスリを求め、継続はしませんでした。

普段から自分のメンタルの不安定や怒りっぽさを感じている人にはとても良い商品だと思います。

Doctor’s Best, Best 5-HTP, 100 mg


気持ちを前向きにしてくれる成分5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)。その中でも人気No.1のDoctor’s Best, Best 5-HTP, 100 mgです。

5-HTPは、神経伝達物質の値を高め、気分を上昇させ、しかも自然に食欲を抑制でき、なんと標準的な抗うつ薬と同じような効果も期待できるという凄い成分です。それもそのはず、5-HTPは脳内で変換され、幸せホルモンとして名高いセロトニンに変身してくれるのです。

精神的なものからくる過食症や、ダイエットの後押しにも効果的らしい。GABA同様、PMS特化ではないですが気持ちを整えてくれるということで購入。

sponsored link

5-HTPは落ちた気分をグイッとアゲてくれる

GABAはとにかく穏やかにリラックスモードにしてくれるのに対し、こちらはもっと楽しく前向きになっちゃうような感じです。この辺は自分がどんなフィーリングになりたいかによると思います。落ち着きたいか、アゲたいか。

私の場合、普段は特に鬱傾向になることはないので飲まず、PMSの情緒不安定期と、ちょっと気が重いことがある日とかにだけ飲んで、ガッと気分をあげています。

睡眠前に摂るのも良いです。私は気になることがあると何度も起きてしまうのですが、プレゼンの前の日などの落ち着かない時に飲むと、心配が払拭されてよく眠れます。

飲み始めに吐き気という副作用があるので最初はちょっと気をつけてください。最大3カプセルまでと表記されていますが、1カプセルからスタートした方が安心です。吐き気は2、3回目でなくなりました。個人的には1カプセルで十分効果を感じたので増やしたりはしませんでした

でも5-HTPはお守りとして常備してますが、ワイはもっと体の機能そのものを改善させてくれるやつが欲しいんや…。ジプシーは続きます。

Now Foods, ソリューションズ、ナチュラル・プロゲステロン、リポソマル・スキンクリーム


Now Foodsのプロゲステロンクリーム。なんとこちらは肌に塗る黄体ホルモンです。

え???ホルモンを塗る???ってなりますが、プロゲステロンクリームは欧米では普通にドラッグストアで売られている、割とメジャー商品。無臭です。同商品でラベンダーの香りのものもます。ほんのり香る程度で、香りに持続性はありませんでした。

前回の第一弾の記事でも書きましたが、PMSにはエストロゲン不足とプロゲステロン不足の2種類があり、一般的に大豆イソフラボンなどで補えるのは前者。

後者はプロゲステロンを補わなければならず、というわけでこのクリームの出番です。

使い方は、排卵日から生理までの約2週間、1日1回ワンプッシュを体に塗り込みます。皮膚が柔らかい場所(お腹や腕の内側など)が良いそうです。

sponsored link

クリームは心身の全体的な症状を軽減してくれる。

結果からいうと、私には非常に効果がありました。気分的にだいぶ楽で、イライラも多少あるものの、「あ、そっか今生理前だからだな!」と冷静に思って流せるような感じ。お腹のハリ、倦怠感などの身体的症状も軽かった。

サプリメントの服用なし、しかも排卵後の2週間だけの使用ででこんなに効果があるなんてすごい!!とびっくり。

で、半年近く続けていたんですが、今はストップしています。

なぜかというと、これって塗ることでダイレクトにホルモンに働きかけているだけなので、これだけに頼って長く続けるのもなぁ、と思ったからです。やはり体質に働きかけたい。例えるなら、いいファンデーションに頼り続けるより、肌荒れそのものが起きないようにしたい、という感じ。

日本語のデータが少ないので、副作用などの詳細や、使用レビューが少ないのも引っかかりどころ。でも外国では普通に使われてるんだし、何よりめちゃめちゃ効いたしなぁ…と後ろ髪引かれる思いではあるが一旦ストップし、次に行きます。

Source Naturals, パインバークエキス


今月からSource Naturals,のパインバークエキスを飲んでいます。

パインバークは松の樹皮から抽出されたエキス。ピクノジェノールと何が違うの?なんと、ほとんど変わりません!

パインバークもピクノジェノールも松の樹皮のエキス。何が違うかというと、ピクノジェノールはスイスのとある会社が商標登録しているため、お値段が高くなってしまうのです。

厳密にいえば、ピクノジェノールは松の中でも特にフランス海岸松のものを使用しており、パインバークは特にフランス産限定というわけではなく、台湾の松なんかも使用されております。

フランス海岸松は品質が良いと言われるそうですが、松の樹皮エキスという点ではなんら変わらず、効果もほとんど変わらないと言われています。じゃーまず安いほうを使ってみて、ちょっと効いたら高いのも買ってみようっと。

sponsored link

パインバークは肌がスベスベ&子宮の症状に効いた。

パインバークは抗酸化作用に優れており美肌や新陳代謝の活発化、中性脂肪の減少などの効果があるほか、生理に伴う症状や子宮内膜症、更年期など女性特有のトラブルにも効果大と言われています。

今飲み始めて2週間ほどで、生理はまだなのですが、これを飲み始めてから肌がやたらとスベスベしている気がします。手触りが良くて、凹凸が優しくなった。(なんか普段ボッコボコみたいな言い回しになったけど…

それからいつも排卵日にお腹の張りと、子宮の痛みがあるのですが、今回はいずれもほとんどなかったので、これは期待できるかもしれない!!

次回生理が楽しみです!(ヤケクソ)

【書きました!第三弾!】

第三弾として食べ物・基本栄養素編を書きました。はい、まだあるんですw これで完結です。ぜひご覧ください。
iHerbのPMS対策〜第三弾〜基本栄養素、食品編。カルマグ、鉄分、モラセス、スカルキャップティー、月見草オイル

 


本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました! iHerbで今すぐ使える割引コード&セール情報のページも随時更新中です! またiHerbサイト内レビューもたくさん書いているので、ぜひご覧ください。